DAQミドルウエアホームページ

Quick Start Guide

てっとりばやくサンプルを動かしてみるガイドです。 開発マニュアルも御覧ください。

開発環境セットアップ

OSとしてCentOS 7を使います。

のどちらでもOKです。VirtualBoxのセットアップについてはこちらを御覧ください。VirtualBoxを使う場合は「DAQ-Middlewareを使ってみる」までスキップしてください。

PCにCentOS 7をインストール、DAQ-Middlewareをセットアップする

CentOS 7を「GNOME Desktop」環境としてインストールしたとして話を続けます。

(注) Minimalでセットしたなどの場合は

root# yum groupinstall 'GNOME Desktop'
してください。(注おわり)

root# yum groupinstall 'Development Tools'
root# yum install redhat-lsb-core
でCentOS 7配布パッケージをインストールします。続けてSELinuxを無効にします。 /etc/selinux/configを以下のように編集します:
SELINUX=enforcingの行をSELINUX=disabledに変更する
編集したら一度リブートします。

DAQ-Middlewareをセットします。CentOS 7用RPMパッケージがあります。依存物をふくめて一括インストールするシェルスクリプトがありますのでそれをダウンロードして実行します:

root# wget https://daqmw.kek.jp/src/daqmw-rpm
root# sh daqmw-rpm install

MonitorコンポーネントでROOTを使います。 ROOT用パッケージはFedoraが運用しているExtra Packages for Enterprise Linux (EPEL)にRPMパッケージがありますのでこれを利用します。

root# yum install epel-release
root# yum install root

これでrootが使えるようになります。/etc/ld.so.conf.d/root-x86.confが作られ LD_LIBARAY_PATH環境変数を設定しなくても使えるようになっています。 デフォルトではEPELリポジトリは有効になっています。DAQ-Middlewareが動作するためにはomniORBパッケージが必要です。EPELではDAQ-Middlewareが動作するバージョンのomniORBより新しいものが作られており、yum updateを実行するとyum updateはエラーとなります。yum updateを可能にし、omniORBをDAQ-Middlewareが動作するものにするには/etc/yum.confに以下の行を追加します。

# /etc/yum.confに次の1行を追加          
exclude=omniORB*

次にhttpdを自動起動するようにしておきます。

root# systemctl enable httpd --now

開発用アカウントで使っているシェルでROOTSYS環境変数を設定します。bashを使っている場合は~/.bash_profileに

ROOTSYS=/usr
export ROOTSYS
を追加します。追加後
user% source ~/.bash_profile
します。再ログイン後はsource ~/.bash_profileは必要ありません。

以上でDAQ-Middlewareのセットアップは完了です。

DAQ-Middlewareを使ってみる

以下では/home/daq/MyDaqで作業します。作業ディレクトリはどこでもよいですが、以下で使うコンフィグレーションファイルが/home/daq/MyDaqでの作業を前提としています。

SampleReaderとSampleMonitorをコピーします:
daq% cp -r /usr/share/daqmw/examples/SampleReader  . (最後に . (dot)があります)
daq% cp -r /usr/share/daqmw/examples/SampleMonitor . (最後に . (dot)があります)
コンパイルします:
daq% cd SampleReader
daq% make
SampleReaderCompという実行ファイルができるので確認します:
daq% ls -l SampleReaderComp

daq% cd ../SampleMonitor
daq% make
daq% ls -l SampleMonitorComp
daq% cd ..
続けてコンフィギュレーションファイルをコピーします:
daq% cd /home/daq/MyDaq
daq% cp /usr/share/daqmw/conf/sample.xml
コンポーネントを起動します:
daq% run.py -l sample.xml
データ生成元としてエミュレータdaqmw-emulatorを使うので起動します。まず端末エミュレータをひとつ開きます。続けて
daq% daqmw-emulator

でエミュレータを起動します。 WebブラウザFirefoxを起動して http://localhost/daqmw/operatorPanel/operatorPanel0.html にアクセスし、 Configureボタンを押します。しばらくまってからBeginボタンを押すとデータ収集がはじまりヒストグラムが表示されます。Endボタンを押すと終了です。

終了するにはunconfireボタンを押したあと、コンポーネントプロセスをpkillコマンドで終了させます。

daq% pkill -f Comp
Copyright © 2009 - 2020 DAQ-Middlewaret project team, KEK