DAQミドルウエアホームページ

Quick Start Guide

てっとりばやくサンプルを動かしてみるガイドです。 開発マニュアルも御覧ください。

開発環境セットアップ

OSとしてCentOS 7を使います。

のどちらでもOKです。VirtualBoxのセットアップについてはこちらを御覧ください。VirtualBoxを使う場合は「DAQ-Middlewareを使ってみる」までスキップしてください。

PCにCentOS 7をインストール、DAQ-Middlewareをセットアップする

CentOS 7を「GNOME Desktop」環境としてインストールしたとして話を続けます。 Minimalでセットしたなどの場合は

root# yum groupinstall 'GNOME Desktop'
してください。
root# yum groupinstall 'Development Tools'
root# yum install redhat-lsb-core
でCentOS 7配布パッケージをインストールします。続けてSELinuxを無効にします。 /etc/selinux/configを以下のように編集します:
SELINUX=enforcingの行をSELINUX=disabledに変更する
編集したら一度リブートします。

DAQ-Middlewareをセットします。CentOS 7用RPMパッケージがあります。依存物をふくめて一括インストールするシェルスクリプトがありますのでそれをダウンロードして実行します:

root# wget https://daqmw.kek.jp/src/daqmw-rpm
root# sh daqmw-rpm install

MonitorコンポーネントでROOTを使います。DAQ-Middlewareで必要な構成でコンパイルしたバイナリを配布していますのでダウンロードしてインストールします:

root# wget https://daqmw.kek.jp/src/root-5.34.24.sl7-x86_64.bin.tar.xz
root# tar xf root-5.34.24.sl7-x86_64.bin.tar.xz -C /usr/local
ROOTを使えるようにするために/etc/ld.so.conf.d/root.confを作ります:
root# echo "/usr/local/root/lib" > /etc/ld.so.conf.d/root.conf
root# ldconfig
httpdを自動起動するようにしておきます。
root# systemctl enable httpd --now

開発用アカウントで使っているシェルでROOTSYS環境変数を設定し、またPATH変数に/usr/local/root/binを追加します。bashを使っている場合は~/.bash_profileに

ROOTSYS=/usr/local/root
export ROOTSYS
PATH=$PATH:$ROOTSYS/bin
を追加します。追加後
user% source ~/.bash_profile
します。再ログイン後はsource ~/.bash_profileは必要ありません。

以上でDAQ-Middlewareのセットアップは完了です。

DAQ-Middlewareを使ってみる

以下では/home/daq/MyDaqで作業します。作業ディレクトリはどこでもよいですが、以下で使うコンフィグレーションファイルが/home/daq/MyDaqでの作業を前提としています。

SampleReaderとSampleMonitorをコピーします:
daq% cp -r /usr/share/daqmw/examples/SampleReader  . (最後に . (dot)があります)
daq% cp -r /usr/share/daqmw/examples/SampleMonitor . (最後に . (dot)があります)
コンパイルします:
daq% cd SampleReader
daq% make
SampleReaderCompという実行ファイルができるので確認します:
daq% ls -l SampleReaderComp

daq% cd ../SampleMonitor
daq% make
daq% ls -l SampleMonitorComp
daq% cd ..
続けてコンフィギュレーションファイルをコピーします:
daq% cd /home/daq/MyDaq
daq% cp /usr/share/daqmw/conf/sample.xml
コンポーネントを起動します:
daq% run.py -l sample.xml
データ生成元としてエミュレータdaqmw-emulatorを使うので起動します。まず端末エミュレータをひとつ開きます。続けて
daq% daqmw-emulator

でエミュレータを起動します。 WebブラウザFirefoxを起動して http://localhost/daqmw/operatorPanel/operatorPanel0.html にアクセスし、 Configureボタンを押します。しばらくまってからBeginボタンを押すとデータ収集がはじまりヒストグラムが表示されます。Endボタンを押すと終了です。

終了するにはunconfireボタンを押したあと、コンポーネントプロセスをpkillコマンドで終了させます。

daq% pkill -f Comp
Copyright © 2009 - 2020 DAQ-Middlewaret project team, KEK